すべてはここから始まった…

ディプロマティコの歴史は、1959年にベネズエラのこの地で始まります。当時この蒸溜所はLUSA(リコレリアス ウニダス S. A.)が所有し、その主要株主は世界最大のワイン&スピリッツ会社の1つであったシーグラム社でした。
2002年に、LUSAの蒸溜所設備及びディプロマティコなどの高級ラムブランドが売りに出されます。ディプロマティコは当時、ベネズエラ国内でのみの販売でしたが、アルコール業界での豊富な経験を有するベネズエラの起業家グループの大半が、この会社の可能性を信じていました。グループはこのチャンスを逃さず、この会社の獲得を決定しました。同年LUSAは100%ベネズエラ資本所有の民間企業、ウニダス蒸溜所(DUSA/ディスティレリアス ウニダスS.A.)へと生まれ変わり、現在ベネズエラで最大のラム製造会社へと成長しています。
今日ディプロマティコは50カ国以上で販売されています。ベネズエラ・ラムの原産地統制呼称(DOC)資格である「ロン・デ・ベネズエラ(Ron de Venezuela)」に認定された、世界で最も秀逸なラムの一つとして知られています。

カンパニー

品質

ディプロマティコのラムは、良質なサトウキビ由来の原料を使用し、多種の蒸溜方法で丁寧につくられています。マエストロ(ブレンダー)たちのブレンド技術における専門知識と卓越性とが組み合わされ、高品質なラムを生み出しています

はたらく人々

ウニダス蒸溜所には約700名の従業員がおり、ベネズエラで持続可能な雇用を生み出しています。これらの従業員は私たちの宝であり、私たちは社会制度および健康管理プログラムを通して、私たちの従業員とその家族、そして近隣の地域社会との永続的な関係を築くことに全力を尽くしています。

環境保護

環境保護は、当社のコアバリューの1つです。2009年に、ウニダス蒸溜所は環境意識に関するISO 14001認証を受けました。主たる成果の1つは、残溜水をサトウキビ用の有機肥料に変える生態学的処理プロセスの創出です。蒸溜所ではまた、固形廃棄物を100%リサイクルする仕組みを開発しました。その他の注目すべき企業の取組みとして、ビーチの清掃や植樹などがあります。

私たちの価値

ウニダス蒸溜所はベネズエラのアンデス山脈の麓にあります。地域の主要な砂糖工場と、清らかな水が育まれるテレパイマ国立公園の両方に近接する条件の下、この場所が選ばれました。
天候も蒸溜所の場所の選定で必要な要素でした。この場所の天候は、サトウキビの生産、ラムの発酵・熟成で重要な役割を果たしています。
上記の理想的な条件、優れた原料、そして製造工程に最大限の注意を払ったことで、ディプロマティコのラムは数々の賞を受賞しています。2013年のロンドン・ラム・フェスティバルでの「ラム・バレル・アワード」において、ディプロマティコ独自の製造方法が評価され、「ベスト・ラム・ディスティラリー2013」を受賞いたしました。

蒸溜所

このドン・フアンチョ・ニエート・メレンデス(Don Juancho Nieto Melendez)こそが、ディプロマティコの創造に影響を与えた人物です。彼の肖像画が、このブランドのラベルに描かれています。
彼は19世紀の終わりにこの醸造所の近くに住んでいたと言われています。
彼は伝統的な飲み物であるラムの有する多くの魅力的なフレーバーの起因となる、ソースとプロセスを探求することに燃えるような情熱を注いだ人物です。彼はまた、熱帯地方の天気や湿度など、ラムつくりのプロセスに影響を与える多くの環境的要因についても非常に熱心に研究していました。
ドン・フアンチョは、カリブ海方面に頻繁に旅行し、ラムを含むエキゾチックなお酒を、徹底的にサンプリングしました。彼の有するコレクションは、彼の友人の間で瞬く間に有名になり、彼の階級と優れた人柄を称える表現として、いつしか「大使の秘蔵品」と呼ばれるようになりました。
彼の献身的な努力、天賦の才、騎士道そして正真正銘の人格がこのディプロマティコの創生に影響を与え、紛れもなく個性的で、魅力にあふれたキャラクターと繊細な香りが組み合わさり、このユニークなラムが誕生しました。
ディプロマティコのラムは、そのラベルに描かれた男性の本質と魂を表現しています。

ディプロマティコ

ボトゥカルは、ブランド名である「ディプロマティコ」が登録商標として登録されている国で使用される代替の名称です。
この名は、ウニダス蒸溜所の敷地の一部にあるアシエンダ(農場)の名前BOTUCAL(ボトゥカル)からとられました。この農場では、水牛、馬、ダチョウの飼育に加えて、ディプロマティコの生産に使用されるサトウキビの一部も栽培しています。この農場は、環境への影響を最小限にとどめるという、当社の環境への取り組みに貢献するものです。
ボトゥカルという名前は、蒸溜所近くのテレパイマ国立公園の一部の丘「グリーンヒル」を意味する地元の固有名称「Botuka(ボトゥカ)」に由来しています。

ボトゥカル