ヒストリー

冒険の始まり

私たちの旅は、最高の物語だけに登場する、傑出した人物から始まります。彼の名前はドン・フアンチョ、ラムへの冒険心と情熱を持った男性です。伝説によると、このベネズエラのマントゥアノ(現地の貴族)であった彼は、良質で最もエキゾチックなスピリッツを求めて、世界を精力的に探求していたと言われています

大使の秘蔵品

教養がありカリスマ的人物であったドン・フアンチョは、彼の知人たちにとって無限のインスピレーションの源であり、いつしかエキゾチックなスピリッツを見つけることへの彼の情熱と熱意は、彼らを魅了し、彼のスピリッツのコレクションは非常に素晴らしく印象的で、「大使の秘蔵品(THE AMBASSADOR’S RESERVES)」として知られるようになります。

絶好のロケーションで生まれ育つ

このような素晴らしいストーリーは、理想的な条件抜きでは誕生しません。すべての条件が揃った最適の場所が、プラナスバレーでした。アンデス山脈のふもとに位置するこの地はサトウキビ畑に囲まれ、ドン・フアンチョが誇りを込めてわが故郷と呼んだ地であり、今日ではディプロマティコの蒸溜所が立つ場所です。

似たもの同士

「ボトゥカル」は私たちのラムをつくるのに使用されるサトウキビが栽培されている1つの農場の名前です。この名前は、私たちの蒸溜所がある地域の緑豊かな自然環境を差す先住民族の言葉「Botuka」(緑の丘)から来ています。また、「ボトゥカル」は、いくつかの国における「ディプロマティコ」に代わるブランド名称でもあります 。

大自然からの贈り物

私たちの蒸溜所の近くにあるテレパイマ国立公園の並外れた自然環境は、高級ラムの育成に理想的な環境です。純粋な水と肥沃な土壌を組み合わせた、暖かい昼、涼しい夜、高湿度などの好ましい気候条件は、当社のラムの比類のない味のプロファイルを定義する際の鍵となります。

貴重な遺産

また、1950年代後半に地元のラム生産者グループが、どのようにしてカナダの多国籍企業であるシーグラムと提携してリコレリアス ウニダスS.A. (LUSA) を創設したかについての逸話もあります。 これらが何年後かに世界で最も絶妙なラムの1つになるための種となるものです。

挑戦への味

2000年代初頭には、ベネズエラでのみで流通していた、プレミアムラム、ディプロマティコの可能性を見いだした地元起業家たちが、売りに出されていたリコレリアス ウニダスS.A.を購入し、彼らはラムづくりの中核をなす蒸溜所を差す名称である、ウニダス蒸溜所(DUSA) へと会社の名前を変更し、その可能性を最大限に引き出すことで、国内最大のラム生産社の1つへと変化しました。

国境を越えて

ドン・フアンチョの冒険心とその新しいパートナーのビジョンにより、このベネズエラの宝石(ラム)を世界中の人々と共有する必要性を感じ、大いなる挑戦が始まります!
ベネズエラ・ラムのDOC (原産地統制呼称)を定めた「Ron de Venezuela」の承認による品質の裏付けと、熱心なチームの後押しによって、ディプロマティコは現在、世界に認められる、最高品質なプレミアムラムの指標となっています。

独特のラム作りスタイル

長年の経験と伝統によって、ディプロマティコは独自の生産スタイルを持つラムブランドです。私たちのラムの一滴一滴に、異なる蒸溜器によって誕生する豊富なキャラクターと、ラム専門の製造チームの情熱と献身が溢れています。

ブレンドの技

情熱と忍耐力が完璧に調和して働くことで、フレーバーとアロマが最良に調和したブレンドを生み出します。マエストロたちは、高い要求水準に応えられる並外れたラムを生産するために、現代と伝統的な蒸溜方法の両者を組み合わせ、専門知識のすべてを注ぎこんでいます。

多くの人が絶賛

ディプロマティコは、世界で最高のラムの1つと知られるまでに成長し、世界中の業界専門家、ラム愛好家、そして消費者に認められています。

本当に重要なことに取り組む。

ディプロマティコにとって、最も貴重な資源は自然だけでなく人間もです。当社の成長は、常に当社の従業員とその家族、そして蒸溜所周辺のコミュニティと歩調を一つにしてきました。当社では「企業の社会的責任プログラム」を通じて、周辺環境を保全し保護しながら、生活の質と人材の成長を改善させようと努力しております。結局のところ、私たちは人間が利用するすべての資源は、最終的に自然から来ることを認識しなければなりません。