ディプロマティコのラムはサトウキビ由来の糖蜜とシュガーケインハニーを使用しています。糖蜜はライトなラムに、シュガーケインハニーはより複雑なミディアムタイプ、ヘビータイプのラムに用いています。糖蜜は、糖度が高く、灰分が少なく、粘度の低いものを使用。
ウニダス蒸溜所では、糖をアルコールに変える酵母を自家培養し、使用しています。糖蜜からつくられるライトなラムは、およそ1日と短い時間で発酵が終了しますが、シュガーケインハニーからつくられるミディアム、ヘビータイプのラムは、発酵に2日かかります。

発酵

ディプロマティコではライトラム用のコラムスチル(連続式蒸溜器)、ミディアムラム用のバッチケトル(カナディアンウイスキー用蒸溜器)、より複雑でヘビーなラム用のポットスチル(単式蒸溜器)の3つの蒸溜器を使用して蒸溜を行っています。
発酵工程で生成されたアルコールは、上記の蒸溜器で加熱されて気化し、凝縮されて液体に戻ります。
このプロセスを経ることで、アルコールは精製されます。ディプロマティコを形成する3タイプのラムの特性が形づくられる重要な工程です。

蒸溜

ディプロマティコのラムは、主にバーボンウイスキーやモルトウイスキーの熟成に使用された空樽で熟成されます。また、オロロソシェリーの樽は「シングルヴィンテージ」の熟成に、ペドロヒメネスシェリーの樽は「アンバサダー」の熟成に使用されます。どちらのプレステージ銘柄も、ヘビータイプの原酒のみをブレンディングし、シェリー系の樽に詰められ最適な仕上げがなされます。
一旦樽に充填し密封した後、倉庫に置かれると、それらが瓶詰めの成熟度に達するまでに移動されたり、栓が開かれたりすることはありません。

熟成

蒸溜所のマスターブレンダー(マエストロ)であるティト・コルデロと彼のチームは、独特で複雑なラムをつくり出すために、樽で熟成された蒸溜方法の異なるラムをブレンドします。すべての製造工程を監督し、特にフレーバーとアロマのバランス、丸みが最大限に引き出せるラムをつくり出すことは、彼らマエストロの重要な役目です。
ディプロマティコのマエストロによる完璧なブレンディングは芸術作品のようであり、これまでにも数々の賞を獲得しています。主な受賞歴は2011年と2013年の英国ロンドン・ラム・フェスティバルの「ラム・バレル・アワード」における「ラムブレンダー・オブ・ザ・イヤー」の受賞、2014年のスペイン・マドリードでの国際ラム会議における「ワールド・ベスト・マスターブレンダー」の受賞などです。

ブレンディング