DIPLOMÁTICO RUM

このサイトはお酒に 関する内容を含んで います。あなたは20 歳以上ですか?

次回より入力を省略
サイトを閲覧するには、20歳以上である必要があります。 「はい」をクリックすることで、法的通知およびプライバシーポリシーに同意されたものと見なされます。 Legal Notice and Privacy Policy of this site.

トーリー

ディプロマティコのアイデンティティーは、品質にこだわり心を込めてラムを造ることです。私たちは、高品質でオーセンティックなラムを造ることだけでなく、生産地の人々とコミュニティーを気遣うこと、そしてサスティナビリティな生産を実現するため環境を守ることを大切にしています。

ファミリー

ディプロマティコは、畑からボトリングまですべての製造工程を独自でコントロールし最高品質のラムを造ることのできる、家族所有のブランドです。「ファミリー」はディプロマティコにとって重要なアイデンティティーです。ディプロマティコを世界中で愛されるブランドにするため、関わっている人々のことを常に第一優先で考えます。

蒸溜所

ディプロマティコの蒸溜所は、世界最高峰のラムを生みだすピュアな水が流れるベネズエラのアンデス山脈のふもとに位置します。製造に使われるサトウキビも同じ地域の厳選された畑で生産しています。

Licorerías Unidas S.A (LUSA)により1959年に設立され、株主である世界最大のワイン&スピリッツカンパニー「シーグラム インターナショナル」を通して製造が行われていました。
2020年、LUSAはベネズエラの起業家たちに買収され、現在の名前であるDestilerías Unidas S. A. (DUSA)の100%所有となりました。これにより、ついに家族所有の独立したブランドとなりました。

3種の蒸溜プロセスを使い分ける個性的な蒸溜所を持ち、これらを絶妙にブレンドし造り出される「レセルバエスクルーシバ」といったディプロマティコ ラムは世界中で高い評価を得ています。

ディプロマティコ ラムができるまで

サトウキビ畑

DUSAは10種ものサトウキビを使い分けますが、「ロマーナ」「ベネズエラ」「カナルポイント」の3種を主に使用します。ディプロマティコは、地域の開発と研究を行う財団「Fundacaña Venezuela」をサポートしており、10年に及ぶ調査と実験の結果発見された新種のサトウキビは「ディプロマティカ」と名付けられました。

発酵

ディプロマティコ ラムは、サトウキビの糖蜜とシュガーケインハニーが使われています。糖蜜からは軽やかなラムが生まれる一方、シュガーケインハニーは複雑な味わいとなります。糖蜜は高い濃縮度ですが、灰含有量と粘度は低いのが特徴です。

DUSAは、糖分をアルコールに変えるイーストを独自で開発しています。糖蜜から造られた軽めのラムは、一日程度の短い発酵期間となります。しかしながら、シュガーケインハニーから造られる複雑な味わいのラムは、二日ほど必要となります。

蒸溜

ディプロマティコ ラムは、「コラムスチル」「バッチケトル」「ポットスチル」といった異なる蒸溜方法を味わいごとに使い分け、造られます。

発酵過程により発生したアルコールは、上記3種の方法で熱され、蒸気となったアルコールがさらに濃縮されスピリッツとなります。

この工程により、ディプロマティコ ラムの特徴でもあるピュアな味わいが生まれます。

熟成

ディプロマティコ ラムは、バーボンやモルトウイスキーの熟成に使用されていた様々な種類の樽で熟成されます。ペドロヒメネスやオロロソシェリーカスクは、シングルビンテージやアンバサドールのフィニッシュに使用されます。これら二つのプレステージラムは、通常最終工程であるブレンディングの後、再度樽詰めされます。

ブレンディング

熟成が終わると、マエストロとその蒸溜チームは熟成されたスピリッツをブレンドする工程に入ります。製造工程すべてがマエストロの判断により進められることにより、フレーバーとアロマの最良のバランスと円熟味を見極めることができます。

ドン フアンチョ 

ロゴに描かれるドン フアン メレンデス(ドン フアンチョ)は、ディプロマティコを造るうえでのインスピレーションとなった人物です。

この土地の貴族であった彼は、ラムやその他の伝統的な飲料の品質向上のため、原材料や技術の研究に情熱を注ぎました。彼の感性と信念はやがて、地域の環境を守ることがラムの製造に重要であると気づかせました。

今日では、情熱と価値の証としてドン フアンチョの肖像をディプロマティコ ラムに掲げています。

世界中で常に高い評価を得るラム 

Discover our rums